その他

【抜歯 放置】抜歯、装置をつけず放置するとどのような結果になるか?

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。
今日はすがすがしい朝ですね!あいかわらず異常気象つづきで、ゲリラ雷雨など天候不順な毎日ですが、
これからの週末はなかなか良い天気に恵まれそうです。

だいぶまえですが、日本矯正歯科学会で某矯正歯科クリニックが天候別の患者さんの来院率を調べた発表がありました。 その結果は意外にも晴れの日はキャンセルが多く、一方で悪天候の時はキャンセルが少ない結果でした。僕もその発表を見たときは一瞬本当?と思ったのですが、開業して10年、感触としては悪天候のほうがキャンセルが少ないことが理解できました。 やはり天気が良いと1日の選択肢が増えますから、歯科医院は次回でいいかなと思う人もいるかもしれません。今日は少しくらいキャンセルが出てくれたほうがかえって良いくらいの1日になりそうです。

さて、話がかわるのですが、矯正治療の場合、歯を抜歯して治療することがあります。

一部の患者さんの中で勘違いしている方がいるのですが、歯を抜歯するだけで歯ならびが良くなると思っている人がおります。

結論からもう仕上げると、歯を抜歯するだけで自分の都合の良い方向に歯並びが改善することは、100回に1回くらいはあるかもしれませんが、残りの99回は散々な結果になってしまいます。

くれぐれも、抜歯して装置をつけずに歯列を放置するようなことはしないでください!

それでは、本日のテーマは

【抜歯 放置】抜歯、装置をつけず放置するとどのような結果になるか?

最初の症例です

1]一見普通の症例です

横からみると

 

 

4奥歯がかみあっておりません。

原因は下の歯列に問題がありそうです

 

 

5この状態で治療方針としては奥歯のうちの第一大臼歯を抜歯する方針としました。

黒印の部分の歯を抜歯するのです

 

 

 

BlogPaint横から見ると一番下方に伸びている歯を抜歯して、下顎の歯列を側方に拡大することを目標としました。

 

 

 

4大学病院に抜歯依頼をしておおよそ2年が経過しました。

その間、当院には何の連絡もなく、未来院でした。

 

 

7正面からみると特にかわりはないようにみえますが、作成した装置はまったく口の中にはいりません。

 

 

 

BlogPaint黒印の歯を抜歯した結果

 

 

 

 

BlogPaint黒印の隙間しか残らなくなってしまいました。

おまけに側方の咬み合わせは一層悪化してしまいました。

 

 

8こうなってしまうと、どうしようもありません。

患者さんの心は治って当然と思ってますが、こちらとしては治療できるかどうかわからなくなってしまいました。

これは当院での例ですが、他の施設で抜歯したまま放置して当院に来院された患者さんもおります。

つぎの症例です

この方は他のクリニックで抜歯診断をし、抜歯したまま放置してしまったそうで、もとのクリニックで治療を断られたそうです。

断るのではなく、正確には  治すことが不可能になってしまったといった表現が適切です

12横からみると隙間だらけです

上からみると

 

 

14ものすごい隙間です

一方で下の歯列は?

 

 

 

13別の人の歯列みたいに小さいです。

つまり、私が話したいことは初診時において検査診断した結果、治療方針を立てたとおりには治療することは不可能になったということです。

抜歯してしまった結果、有効な隙間を利用することができなくなった、 一方で隙間が大きくなりすぎてしまった。

いろいろと問題があると思いますが、  検査をした時点での治療方針と 抜歯して数ヶ月~数年経過してしまった状況とでは同じ方針で治療することが不可能な場合もあります。

みなさんも、治療を検討する間はじっくりでかまいませんが、一旦決心をした以上はがんばって治療を継続してください。

それでは今日も1日がんばりましょう!

プロ矯正歯科HP

院長動画

ピックアップ記事

  1. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  2. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  3. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なりました 
  4. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  5. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?

関連記事

  1. その他

    歯列矯正は人生の大きな決断!患者さんの本当の口コミとは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科の院長 田中憲男です。…

  2. その他

    【矯正歯科】矯正歯科医にとって一番難しいと思われる症例とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!いよ…

  3. その他

    【予算 高額】透明で目立たない装置、ホワイトワイヤーについて

    おはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!寒さの厳…

  4. その他

    知っていれば得!歯科治療における確定申告、医療費控除について

    あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。プ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 子どもの矯正が知りたい

    小児歯列矯正治療の方が成人矯正よりも治療期間が長くなる理由とは?
  2. その他

    歯列矯正のカウンセリングに大切な5つのポイントとは?
  3. 外科矯正が知りたい

    今年最後の外科矯正手術でした
  4. 子どもの矯正が知りたい

    タイミングが重要!成長発育を利用した出っ歯を治す方法を画像で見る
  5. 歯周病の矯正が知りたい

    医師が解説する、年齢が30~50代の歯科矯正治療の期間と流れについて
PAGE TOP