その他

矯正治療開始6ヶ月後の状況⓵

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です
時間というのは人類皆平等にあるものですが、足りなくてどうしようもないです(笑)

今朝は6時すぎには診療所に到着したのですが、いろいろとやることがあり結局8時前からのブログ更新です

ニュースで牛丼のすき屋や居酒屋のワタミが店舗数を削減したり営業時間を少なくしてるのを聞きました。
飲食系の人材不足は本当に深刻ですね。

その点、医療系の仕事は人材に恵まれております。病院とことなり、歯科医院の場合は夜間や休日の出勤もないですし、残業といっても数十分ですから本当にありがたい職場と思います。
一方で院長の私は朝7時から夜11時といった居酒屋やすき家の店長顔負けの業務ですので好きでなければ何十年も継続するのは難しいところです。こんな生活をかれこれ20年やってきた自分はすごいなあと思います。

おかげさまで患者さんにも大変恵まれてきましたので、すべての患者さんに尽くしたい気持ちはかわらないのですが、人間1人ができる仕事量は限度があります。そういう意味で常識のない人とはあまりお付き合いしたくないです。1人の常識のない人に振り回されて多数の患者さんに御迷惑をかけるのは本当に申し訳ないことです。

モニターの患者さんを対象としたブログですが、写真を撮る時間も少なくなってきましたので、患者さんを絞ってリアルタイムで掲載していく方針に変更しました。

本日は第2弾ということで数回まえの続きです

まずは初診時です

11正面ではなんてことない症状でしたが横からみると

 

 

 

BlogPaint歯がのびてきてしまってました
反対側はもっと深刻でした

 

 

BlogPaint

BlogPaint

 

 

 

 

じつは歯というものは抜けてしまうと上下のかみあわせを支える本数が少なくなります

その結果、のこされた歯の仕事量が増えてしまいます。
また、この症例は歯を抜いてしまっている部分が1箇所のようでしたが、検査の結果、

反対側の歯も保存不可能ということがわかりました。

しかも反対側は2本も保存不可能ということです

銀歯も状態が悪く、その前の歯も保存不可能でした

治療経過です

まずは保存不可能でもすぐには抜歯しません。

これは矯正医師なら皆真似してほしいことです。

抜歯というのは歯を前後的に動かす準備が整ってからおこなった方が絶対に治療期間の短縮につながります。

ここは非常に重要なポイントです

1また、出っ歯の人の場合はできるだけ前歯には装置をつけません

横からはじめていきます

 

2

 

 

 

 

3

 

 

 

 

4

 

 

 

 

状況としてはこれがスタートです

その後は

6横は落ち着いてきたら前にもつけます。

 

 

 

7
上顎をみると左側の隙間がだいぶなくなってきました

 

 

 

8その後、2段階にわけて銀歯の抜歯をおこないました

 

 

 

9まだ、6ヶ月も経過していないので正面からの変化はたいしたことはないです

 

 

 

12左右にかなり大きな空隙が生じました。

このスペース分前歯を後退していく予定です

さて、正面からみると咬み合わせに変化が生じてます

 

 

9かなり上下に隙間があいてます

 

 

 

10

11

 

 

 

 

上下の歯がかみ合っておりません。

どうしてでしょうか?
つづきは次回ということにしましょう!

それでは今日も1日がんばりましょう

プロ矯正歯科HP

院長動画

ピックアップ記事

  1. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!
  2. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  3. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  4. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  5. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは

関連記事

  1. その他

    youtubuで作成中、矯正で歯が動く様子を記録しました!

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。ひさしぶ…

  2. その他

    【矯正歯科】矯正歯科医にとって一番難しいと思われる症例とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!いよ…

  3. その他

    【歯科矯正】他人の治療を批判するのは簡単、でも治すのは難しい

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  4. その他

    前歯のガタガタ、正中線が一致しない場合の治療はどうしたらいい?

    みなさまこんにちは。東京の歯列矯正治療歯科プロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  5. その他

    今年最後の診療です

    みなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。2007年の当…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 永久歯少ない人の矯正

    生えてこなければ抜歯も必要?永久歯の本数が少ない人が増えている
  2. 治療期間が早い矯正が知りたい

    上下の永久歯の数が異なる場合、歯列矯正治療での対応は?
  3. 良いクリニックの選び方

    歯列矯正治療を検討していたが、専門医に相談しなかったためひどいめにあいました
  4. 目立たない矯正を知りたい

    裏側矯正は忍耐が必要ですね
  5. 治療期間が早い矯正が知りたい

    結婚式・成人式に最適なスピード矯正の6つのポイント
PAGE TOP