その他

ガタガタの歯並び、どんなにひどくても治せるの?

みなさまこんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。

11月も半ばにさしかかってきました。今年ものこりわずかですが、みな様悔いのない年にできるようにしたいですね。
僕自身は今年は本当に充実した1年となりました。大学病院を退職して独立した時に描いた自分の目標があったのですが、その目標を来年に達成できるような気がします。目標の内容を具体的に話すのは省略いたしますが、一言で申し上げると、大学病院よりも低料金でクオリテイの高い歯科治療を達成することでした。

技術だけでなく、診断機器から治療計画まで一歩も二歩もリードできてると思います。先月の学会でも周囲から言われたことですが、はじめはプロ矯正歯科というネーミングで開業したことを大丈夫か?みたいなことも言われたのですが、最近は名前負けしなくなったと言われることも多くなったのも事実です。いよいよ来年は開業10年目の大台がまってます。
正直、来年は治療はそこそこセーブをしてひさしぶりに論文を執筆したいなあと本気で思ってます。

さて、本日のテーマは

ガタガタの歯並び、どんなにひどくても治せるの?

ひどい歯並びを総じて不正咬合(ふせいこうごう)と呼びます。
不正咬合を大きく分けると、先天的なものと、後天的なものに分類できます。

先天的なものはもともとがその歯並びだった場合、後天的なものは歯磨きをしない、歯周病が原因、喫煙といった本人に多少なりとも非がある場合です。

これらのうち、先天的なものはほぼ100%治療可能です。たとて産まれ持った障害があるような口唇裂・こうがい裂といった、そしゃく障害のある患者さんでも問題ありません。
ただ、そういった人も歯磨きをしない、歯周病が原因といった後天的の要素が入ってくると、問題は別になります。

たとえば、このような症例の場合です。

11-41

相当ひどい出っ歯とガタガタ(叢生ですね)

でも治療完了時には

11-42

本人もびっくりするほどの結果となります。

治療が終わるときは、患者さんもそうですが、術者である私も達成感があります。
この達成感を得たいために仕事をしつづけているともいえます。

さあ、12月は外科手術満載です。更新はなるべくがんばりたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  2. 矯正治療を開始したら、安易に転医はせずに最後まで通院しよう!
  3. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  4. 出版記念講演会のおしらせ
  5. 韓国で美容整形する人が増加してきました

関連記事

  1. その他

    1年間、本当にありがとうございました!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  2. その他

    成人矯正(その2)

    ブログ読者のみなさまこんばんは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。本日…

  3. その他

    【再矯正歯科治療】再矯正は普通の矯正歯科よりも難易度が高くなる

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です!こ…

  4. その他

    【プロ矯正歯科】 院長 田中憲男の日曜日

    昨日の夜診療中ついに声がでなくなってしまった。仕事が終わったあとに夜間…

  5. その他

    航空関係の仕事に就きたいなら歯並び改善しましょう

    ブログ読者の皆様こんにちは。アメリカペンシルバニアから帰国して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 治療期間が早い矯正が知りたい

    親知らずも抜歯しないで利用できる場合がある
  2. 外科矯正が知りたい

    プロ矯正歯科での上顎骨切り手術の準備方法です
  3. 子どもの矯正が知りたい

    【小児期 歯列矯正】小児期の歯列矯正の目的は完璧に治すことではない
  4. 抜歯矯正が知りたい

    下顎の抜歯した部位、治療経過で再検討し本数を変えることもある
  5. 歯周病の矯正が知りたい

    40代女性、左側前歯2本抜歯しての歯列矯正治療の経過
PAGE TOP