外科矯正が知りたい

顎変形症学会にて

6.27.jpg

ブログ読者の皆様おはようございます。朝一番の患者様がキャンセルになり、少し時間ができたのでブログの更新をしようと思いPCに向かいました。6月と7月および9月と10月は学会のシーズンです。私も先週6月の水曜日と木曜日に幕張メッセで行われた顎変形症学会に出席いたしました。

新しい医療の進歩についての活発な発表や講演等とても盛況な会で、自分自身の矯正臨床についてモチベーションがあがったのはいうまでもありません。
さらにひとつ感じたことですが、矯正歯科の業界(うまく表現ができないのですが)でも医院による格差が生じてきている気がいたしました。

やはり、時代は情報、スピードの時代なため患者様もよりよい医療情報を得るために努力されています。当然、我々もそれに相当する努力を怠っている医院は淘汰されていくのでしょう。学会のあとはいつも手術を担当していただいている外科医師の先生と大学病院時代の上司である矯正専門医と飲食を共にいたしました。某大学病院の口腔外科で年間手術件数が50件に対して(複数の医師による総数)、私がお願いしている外科医師の先生は一人で70件程度(週2回の手術で最大年間90件)と某国立大学病院が行っている手術件数を上回っています。大学病院でさえ生き残っていくのに厳しい時代になったということでしょう。

さて、写真の患者様は夏に手術を控えている方です。交通事故のため前歯を強打した既往歴があるため前歯2本を抜歯して矯正治療をおこなってきました。はやくきれいなかみ合わせと素敵なスマイルが手に入ると良いですね。



ピックアップ記事

  1. 大学生の1卵生の双子姉妹。顔は似ていても歯列や治療内容は異なる
  2. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  3. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  4. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました
  5. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例

関連記事

  1. 外科矯正が知りたい

    【受け口 治し方】歯科矯正は健康と美容を増進する有効な治療法

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です…

  2. 外科矯正が知りたい

    世界最先端の矯正治療を学ぶ、自分の医療技術の差とは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  3. 外科矯正が知りたい

    【外科矯正手術】外科矯正手術によって側貌の改善を試みる場合

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  4. 外科矯正が知りたい

    歯並びを綺麗に!美容外科か?保険適用か?2つの外科矯正治療の違い

    みなさまおはようございます。本日もみなさまにとって有意義な情報をシ…

  5. 外科矯正が知りたい

    新元号:令和 40歳女性 外科ボーダー症例をインビザラインで治療

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    大人メイクで顔が綺麗になるように、歯科にも大人の矯正治療がある⓵
  2. 歯周病の矯正が知りたい

    前歯の歯肉が下がっている症例の歯列矯正治療の工夫とは?
  3. その他

    矯正治療終了後6年ぶりに後戻りした患者さんが帰ってきました!
  4. 目立たない矯正を知りたい

    【裏側矯正治療】外科矯正治療を手術せずに裏側矯正治療にした症例
  5. 子どもの矯正が知りたい

    【小児期 矯正治療】歯並び交換中の経過観察をするメリットについて
PAGE TOP