子どもの矯正が知りたい

【小児期】小児期に来院されても何も対応できない場合もある

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!
2週間ぶりのブログ更新となってしまい、関係者のみなさま大変申し訳ありませんでした。

ブログランキングのほうは、訪問のたびにクリックの応援のおかげか、幸い上位を維持しております。
みなさまのクリックぜひよろしくお願いします!

ランキングは1日1回しか反映されませんので、毎朝のクリックしていただければとてもうれしいです!

歯科医 ブログランキングへ

先週はインフルエンザが猛威を振るった週でした。

当院のスタッフのうち だれかが感染しないかと 冷や冷やしながらの2月スタートでしたが、振り返ってみれば1月18日の大雪からインフルの猛威が開始した記憶がございます。

御存じと思いますが、インフルは気温との関係が重要ですので、暖かくなればウイルスの数も少なくなってきます。本日も数名の患者さんがインフルのためキャンセルですが、これはこれで仕方ないですね。みなさまもウガイ、手洗いといった基本的な予防は大切にしましょう。

話はそれますが、先週相談にこられた人2名のお話をシェアさせてください

1人は 軽い顎変形症の患者さんでしたが、ほかのクリニックで歯列矯正単独で治療完了された症例でした。
なかなかよく治っているなあと感じたのが初診時の感想です。それでも不満があるとのことですので、これはもうかみ合わせというか、外見の問題でしょう。
外科的矯正治療と矯正治療単独の場合、同一の症例でも治療方針は180度異なります。
180度ことなるということは、反対方向に歯を動かす必要が生じます。つまり、何もてをつけていない状況、初診時から担当させてもらったほうが、治療効率が断然ちがってますし、仕上がりも予測できます。

もう1人はお会いしておりませんが、複数回メールでのやりとりをさせていただいております。
この方は 他クリニックで外科矯正治療をおこない、その結果に対して不満をもたれている患者さんでした。
患者さんの言い分もよく理解できると思います。一方で自分の外科的矯正治療に対する診断法もそこそこに日本で一番の大学と引けをとらないレベルなんだなあと、改めて自信が持てた経験でした。

初診時に自分が担当していたら、まったくことなるアプローチをしていたと思いますし、たぶんそうしていれば
患者さんは満足してくれたと思います。
再治療希望とのことでしたが、基本的に転医の症例はお断りなのですが、今回はメールのやりとりの中から条件付きで引き受けることにさせていただきました。

他には、外科的矯正治療患者さんの場合は計画どおりに治療が完了しても 好み等の問題で治療結果に満足していただけない場合も少なからずございます。

結局は、患者さんが何をもとめているか、言葉だけでなく、会話の中から探っていく必要があるのでしょうね。
そろそろ時間もなくなってきたので、本日の症例です。

【小児期】小児期に来院されても何も対応できない場合もある

何もできないというとまったく何も治療しないというイメージをとらえがちですが、
実際は何もしないもしくは積極的な治療はおこなわないといったほうが答えとしては適切です

それはどういうことでしょうか?症例をみながらお話しをしましょう

1

正面からみると一番わかりやすいのですが、八重歯がきになるとのことでした。

 

 

 

BlogPaint

上顎の犬歯の位置がかなり左右異なります。

また、奥歯の位置もかなり左右ことなります。

もし、今自分が本症例と同じような人と出会っていたら、おそらく異なった対応をするかもしれませんが、
10年前の当時は積極的な治療をおこなわずに(治療費用も5万円位) 左右の奥歯をそろえることだけおこないました。

その結果、2

左右の奥歯をそろえることをおこなったつもりだったのですが、結果的にはあまりそろわず、ほとんどが経過観察という形になってしまいました。

本格的な歯列矯正治療開始は高校2年生になってからおこないました。
反対咬合の可能性がある症例の場合は、抜歯症例の場合は顎の成長が終了してから開始が基本です

4

ワイヤー矯正期間も2年6ヵ月程度かかってしまいました。

細かい部分もう少しやりたかったところもありましたが、治療期間が長期になったこともあり、ここまでとしました。

ワイヤー矯正開始時の状態です

 

2

ワイヤー矯正終了時の状態です

 

 

 

5

最後まで読んでいただきありがとうございました。

まだの人は応援のクリックお願いします


矯正歯科 ブログランキングへ

それでは本日も1日がんばりましょう!

ピックアップ記事

  1. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?
  2. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  3. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  4. 矯正装置つけたまま、突然来院しなくなった患者が6年ぶりに来院しました口腔内の状況…
  5. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例

関連記事

  1. 子どもの矯正が知りたい

    【小児矯正治療 成長】目的は能力を引き出してあげる環境つくりです!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  2. 子どもの矯正が知りたい

    治療方法の限定は損、床矯正装置とマウスピース矯正の限界は?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  3. 子どもの矯正が知りたい

    【医師が教える!】小児矯正を行う上で押さえる3つのタイミングとは

    ブログ読者のみなさまおはようございます。今朝は朝1朝2とキャン…

  4. 子どもの矯正が知りたい

    小児期からの歯列矯正治療は費用対効果が高い?

    歯列矯正ランキングみなさまおはようございます東京のプロ…

  5. 子どもの矯正が知りたい

    抜歯か非抜歯かボーダーライン症例。治療後3年経過しました現在

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  6. 子どもの矯正が知りたい

    小児矯正治療のポイントはすべての歯が生え変わる前に診察を!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    昨日の天気予報には参りましたね
  2. 治療期間が早い矯正が知りたい

    マウスピース矯正って何?メリット、デメリットを考える
  3. その他

    美容・化粧品無料モニターが流行っている!当院でのモニターとは?
  4. 子どもの矯正が知りたい

    【小児期 歯列矯正】小児期の歯列矯正の目的は完璧に治すことではない
  5. 目立たない矯正を知りたい

    成人受け口でガタガタ症例をインビザラインで治療開始した経過
PAGE TOP