子どもの矯正が知りたい

【医師が教える!】小児矯正の治療期間、注意点について知っておくべきこと⓶

7.1
みなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長 田中憲男です。
本日は梅雨の合間によい天気でしたね。お昼を食べに蕎麦屋さんにいったところ、大繁盛しておりました。今日みたいな天気の日はざるそばなんか最高ですよね。
さて、診療も早く終わったところなので、ブログの続きを書かせて頂きます。
本日で小児期の矯正治療は最終回となります。今日の内容に興味をもたれている方は、前回、前々回などのブログを読んでからの方が、理解が深まるはずです。

【医師が教える!】小児矯正の治療期間、注意点について知っておくべきこと⓵

乳歯列時期から永久歯の交換がどんどんはじまってきて、いよいよ乳歯の数が数本となった時点で歯列矯正を開始しないと、抜歯をせずに治療をおこなうことはかなり難しくなります。
男児と女児では治療タイミングにづれがありますが、ここでは女児の場合を提示します。

【医師が教える!】小児矯正の治療期間、注意点について知っておくべきこと⓶

1.身長が140cmに近づいてきた場合
2.乳歯の残存数が5~6本程度になる
3.最近、横の乳歯がどんどん抜けてきた
といったところです。

 

このタイミングで治療を開始した場合、かなりの確率で抜歯をせずに矯正治療が可能です。しかしながら、すべての人が100%可能かというと残念ですがそうはいきませんね。

 

理由は成長発育を最大限に利用した歯列矯正が可能であり、かつ歯槽骨の横や縦の拡大が可能となる時期だからです。

 

本日UPする写真のかたも、そのような症状をお持ちのかたでした、他医院では抜歯しないと難しいと説明を受けてからの来院、犬歯が生えてくる時期であり、このままでは八重歯になってしまいそうな感じですね!

 

詳細な治療経過は省略いたしますが、ここまでの治療期間はおおよそ10か月です。
昨年の夏休み明けにスタートしましたので、本年の夏明けには装置は外れる予定です。

 

今週の予定です
月曜日:普通に診療
火曜日:午前普通に診療。午後からインプラント手術。夕方から普通に診療
水曜日:一日普通に診療
木曜日:午前中、大宮CTセンター 午後は上尾歯科医院で診療
金曜日:一日普通に診療
土曜日:午前普通に診療、午後墨田区母親教室参加 夕方、普通に診療
日曜日:一日上尾歯科医院で診療

 

今週も密なスケジュールですが、外科手術がないので比較的楽な日程ですね!

 

次回からは成人矯正についての内容をお話していきたいと思います。

 

プロ矯正歯科



ピックアップ記事

  1. プロ矯正歯科院長自身がマウスピース矯正を開始しての経過
  2. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました
  3. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  4. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  5. 当院のコロナウイルス対策~第3報~

関連記事

  1. 子どもの矯正が知りたい

    【医師が教える!】小児矯正を行う上で押さえる3つのタイミングとは

    ブログ読者のみなさまおはようございます。今朝は朝1朝2とキャン…

  2. 子どもの矯正が知りたい

    春休みなので小児矯正治療の内容をかきました

    みなさまこんにちは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  3. 子どもの矯正が知りたい

    【小児期 矯正治療】歯並び交換中の経過観察をするメリットについて

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  4. 子どもの矯正が知りたい

    【小児矯正のタイミング】永久歯が生え変わる前に始めましょう!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  5. 子どもの矯正が知りたい

    小児歯列矯正治療にもインビザラインが導入されました

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男で…

  6. 子どもの矯正が知りたい

    【医師が教える】小児矯正の治療タイミングとは?

    ブログ読者のみなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    正中線の一致が難しい理由とは?
  2. 歯周病の矯正が知りたい

    他院で治療途中で来院された女性の続き
  3. 子どもの矯正が知りたい

    【医師が教える】大人の矯正と子供の矯正の違いとは?⓶
  4. 外科矯正が知りたい

    顎変形症手術で後悔しないために、患者さんが気を付けるポイントは?
  5. 白い歯になりたい

    最高の仕上がりの歯、審美歯科と矯正歯科の合わせ治療とは?
PAGE TOP