その他

21世紀の歯科矯正学の重要な点

ee0e949a.jpg
WILLIAM R.PROFFIT(現代歯科矯正学 著者)は21世紀の歯科矯正学とは1)現在では、細かい咬合の特徴よりも歯並びと容貌の美しさがより重視される。これは顎整形手術の進歩により、それまで治療を行うことが不可能であった顔の形態異常を治療することが可能になり、また患者が抱く容貌の悩みを矯正歯科医が正確に理解できるようになったこと。2)また、患者自身が治療計画の立案に大いに関与することを許されている。医者が患者にどのような治療が必要かを告げるだけで患者が納得する時代ではない。とも記している。
すなわち、歯科矯正学の最高の治療目的とは、正しい上下歯の咬合関係、美しい歯並びと顔立ち、治療後の長期にわたる咬合の安定性、そして歯の修復という要素の間に最良のバランスを創りあげることだと要約している。 本日、UPした患者様は昨日初診相談に来院された方である。歯並びだけを治療するのもひとつのゴールであるが、患者様の治療ゴールに対する要求は高く、正しい上下の咬合関係に加え、側貌(E-line)の改善、さらにはGum Smileの改善を希望している。 その要求に可能な限り答えていくのが担当医の使命と認識している。
また、この方は治療経過をブログ上で報告して欲しいとの希望があったためお言葉に甘えて本日写真をUPさせていただいた。 今後、診断・治療計画の立案・装置装着となるので次回の報告は来年度となるだろう。
参考文献:新版 プロフィトの現代歯科矯正学 クインテッセンス出版2004



ピックアップ記事

  1. コロナウイスルに感染しにくい予防法とは?
  2. 韓国で美容整形する人が増加してきました
  3. 日本顎変形症学会では毎年発表してますが、どんなところなんでしょうか?
  4. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  5. 40代から奥歯を抜歯して歯列矯正した女性が50代になり、久々に来院されました

関連記事

  1. その他

    遠隔地から通院されている人の治療で気をつける3つのポイントは?

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  2. その他

    2月の学会で発表するテーマとは?研究の一部をご紹介します

    こんばんは。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。本日の内容は…

  3. その他

    折れた歯を救う方法はあるのか?

    本日は休日だったのですが金曜午前中手術に立ち会うため自分の病院を不在に…

  4. その他

    【歯列矯正治療】歯並びを良くしたくても歯が動かない場合もある

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  5. その他

    オウム真理教が歯列矯正治療に及ぼした影響について

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 外科矯正が知りたい

    【受け口 治し方】歯科矯正は健康と美容を増進する有効な治療法
  2. 良いクリニックの選び方

    なぜ、歯列矯正治療は矯正専門医が多いいのか?
  3. 子どもの矯正が知りたい

    小児歯列矯正治療にもインビザラインが導入されました
  4. 抜歯矯正が知りたい

    前歯2本抜歯、非常に難易度の高い40代女性治療経過を見る
  5. 白い歯になりたい

    【再治療 長期経過症】当院で再治療 他院で抜歯済みの開咬症例
PAGE TOP