抜歯矯正が知りたい

知らない人が多い、セカンドオピニオンの意味と正しいやり方とは?

みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。
日に日に寒さが厳しくなる今日この頃ですね。成人の日の大雪は交通機関もマヒして大変な一日でした。私は日曜から翌日にかけて学会準備等で錦糸町に泊まり込んでの仕事だったのですが、翌日の大雪のせいで自宅に帰宅するのに3時間以上もかかってしまいました。じつは学会の準備が終わっていなく、どこで時間を作るか本当に困っている状況です。人間、困っている時こそそれを突破することで成長できると確信していますので、体調だけは大丈夫なように管理していきます。

さて、本日のテーマは

知らない人が多い、セカンドオピニオンの意味と正しいやり方とは?

国語辞典で意味を調べてみると
よりよい決定をするために、もう一人の人から聴取する意見。医療の分野では、一人の医師の意見だけで決めてしまわずに、別の医師の意見も聞いて患者が治療法などを決めることを指す。

治療法などを決める と書いてあります。
つまり、治療前の患者さんが治療法について悩み、いろいろな医師に相談をするということです。

ところが、実際のセカンドオピニオンはどうでしょうか?

昨日来院された初診患者さんはすでに矯正治療をスタートしていた患者さんでした。
その患者さんは現在の担当医に不満があるそうで、私に対してコメントを求めてきたのです。

もし、その担当医の治療が専門医として不十分な技術レベルの治療だったとしても、私は決して否定的な意見は述べません。私は裁判官でもなければ弁護士でもありません。名誉棄損でその担当医から訴えられる形になり、証言台に立つようなことになったら大変なことになります。

私は目の前の患者さんに対して真剣に医療に取り組みますが、他の先生の医療に対してはプラスになるコメントはしてもマイナスになるコメントはいたしません。

どうしてかというと、治療は術者と患者の双方のコミュニケーションの上に成り立つからでございます。
一方的な方面からの意見を聞かれてもそれは自己都合に良いことばかり言ってしまうのは人間の性でございます。

ですので、

高い治療だと安心なのか?
安ければ安いほど良い治療なのか?
なぜ、世の中には相場というものが存在するのか?
どのような医療機関で診療をうければ自分が安心して通院できるのか?

などといった部分についてより慎重に判断することが大切です。

せっかくなので本日の症例を供覧しましょう。

最近、裏側矯正の希望者が本当に多くなってきました。
正直、裏側矯正はあまりやりたくありません。治療の姿勢がとても窮屈であり、3人連続で治療すると左右の肩の高さが並行でなく右肩が下がっているのが自分でもわかるくらいに体が曲がってしまいます。

裏側矯正と表側矯正を車の運転に例えるならば、
自動車教習所に通われたことがある人ならご存知のクランクという課題があると思います。
この部分を前から侵入して走行するのが表側矯正、バックから侵入してバックで脱出するのが裏側矯正
このくらいの違いではないでしょうか?
ちなみに、タクシー運転手の自動車2種免許はクランクをバックで侵入して脱出できないと合格できません(笑)

症例は歯並びが悪いのではなく、口元が突出しているのが気になるといった症例でした。
口元が突出しているのに、表側に装置をつければもっと突出してしまうので、このような患者さんは裏側矯正のニーズが高い分類に相当します。つまり、出っ歯傾向の人は裏側からやりたがります。

2436-1

正面からみると歯並びもよいですし、なんで矯正したいの?と友達からいわれそうです。
ですが、このような人は自分自身ものすごくコンプレックスももっております。

2436-2

いつも口が閉まらないので、口呼吸になってしまいます。
口元がだらしないと第一印象でマイナスになることが多いいと思います。

2436-5

やはり舌も大きいです。前歯を下げたとしても舌が窮屈になりそうです。

2436-6

上下の歯列を比較してみるとわかりますが、舌の大きい人は舌のポジションが下顎側にある人が多いいです。
難しい説明になりますが、正しい舌の使い方ができていない人が多いいということです。

裏側矯正を希望されましたが、舌の大きさからも下顎に裏側装置をつけると大変なことになります。
おそらく舌の側面に金具が原因の傷が絶えないでしょうし、途中で表側に装着しても返金はできないと説明したところ、上側だけは裏側で下は表側での装置での治療となりました。

そろそろ終了なのですが、現在の写真です

2436-7

2436-8

横からみると歯の傾きが変化してきているのがわかります。

2436-12

2436-11

上下左右4本の抜歯をさせていただきました。

2436-10

2436-9

もともとの上顎が

2436-6

もともとの下顎が

2436-5

2436-2

このように

2436-12

2436-11

2436-8

口元が改善すると、本人は自信に満ち溢れてきます。

コンプレックスが改善すると新しい自分に出会うことができます。

ピックアップ記事

  1. 歯列矯正モニターの内容に一部変更があります!
  2. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  3. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  4. 40代女性、歯肉の下がりが気になりはじめた前歯抜歯症例
  5. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは

関連記事

  1. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正治療】難しい症例は誰が治療しても難しい 

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です…

  2. 目立たない矯正を知りたい

    【外科矯正】外科矯正症例を手術なしで治療した症例⓶

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長田中憲男です。東…

  3. 子どもの矯正が知りたい

    どんな方法があるの?小児歯列矯正治療で症状が改善されない場合⓶

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です本…

  4. 抜歯矯正が知りたい

    【ワイヤー矯正5年 期間】現在、私が治療に困難している症例

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です!…

  5. 目立たない矯正を知りたい

    マウスピース矯正モニターの第1号患者さんです

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    歯列矯正したくても歯が動かない!その時の対応とは?⓶
  2. 外科矯正が知りたい

    外科矯正治療と矯正治療のボーダーライン症例から利点と欠点を考える
  3. その他

    【矯正歯科】矯正歯科医にとって一番難しいと思われる症例とは?
  4. 白い歯になりたい

    【矯正治療 虫歯治療】 治療開始35歳 治療を併用するタイミングとは
  5. 外科矯正が知りたい

    【ワイヤー治療 期間5年】完成まで本当に苦労した症例を振り返って
PAGE TOP