良いクリニックの選び方

セカンドオピニオンは無駄な事が多くある

10.30.jpg
前回のブログの反響が大きかったためか、
他医院で治療中の患者様の初診相談や、他医院で治療開始予定の
患者様の相談が多かった10月でした。
本日も他医院で矯正治療契約をされて抜歯をしてきた
患者さまが相談にこられました。
その先生の治療計画は正しい計画だったため、ご本人にも説明をし
他の治療方法としてはこういった方法もある等お話をいたしました。
ひとつ疑問に思ったことは、治療方法がいくつかある場合、
すべての治療方法を説明したのちに、ご本人に決定していただけるのが
筋道といえるのですが、そのような対応をとらなかったためセカンドオピニオンと
いう形をとったそうです。
また、別のお子様はかかりつけの先生から歯列矯正の話をされたものの、なかなか良い医院がみつからずいろいろな所にお話を聞いてあるいている患者様もいらっしゃいます。
ひとついえることは、相談はあくまでも相談であり、臨床経験の乏しい先生からは
相談といっても抽象的な話しか望めないと思って間違えはありません。
また、臨床経験が豊富にある先生だとしても、過去に同じような歯並びの治療経験をもとに返答をしているわけであり、実際の症状は精密検査をしてみないと正確な情報は得ることは難しいと思います。
したがって、素人の患者様にとって「良い医院」選びは本当に難しいこと
なのだなと、改めて認識された1週間でした。
当院が良い医院かどうかは別として、自分自身うそや偽りなどは一切お話をしておりません。
実際、まったく矯正治療をせずにきれいな歯並びになった患者様もいらっしゃいます。
(残念ですが、このかたは精密検査もしておりませんので、資料等は一切ないのですが、次回来院時3月ころには写真をとる予定です。)
本日UPする患者様も当院で3件目の方です。
詳細は省きますが、上段が4ヶ月前、下段が今月撮影した画像です。
よくみると前歯の装置は上下ともつけなおしをしております。
つまり、装置をつけなおさないときちんとした治療が完了できないため
そういった方向で治療をさせていただきました。
結局、治療費用は割高となってしまいますが、何年間も矯正装置をはずせない状態がつづいていることを考えれば、治療が完了できるなら多少のがまんも仕方ないです。
こちらとしても多少の治療費用の考慮はいたしますが、結局損をするのは
患者様ご本人ですよね。



ピックアップ記事

  1. 【スピード矯正 ワイヤー矯正終了】開始25歳、8年経過した現在の状況
  2. 【小児期 歯列矯正】治療開始時期について~前半~
  3. 【審美治療 デンタルインプラント】39歳女性 部分矯正に希望したのは
  4. 小林麻央さんの死去で感じたこと、アメリカ最先端の癌治療とは何か?
  5. スピード矯正治療に向かない症状の人に対して、スピード矯正治療をおこなった場合?

関連記事

  1. 良いクリニックの選び方

    矯正歯科医院としての社会的役割

    ブログ読者のみなさまこんにちは。今日は上下顎切りの手術が2時間30…

  2. その他

    表側装置で治療していると友人を紹介してくれることが多くなる

    矯正治療の目標は大きく2つある。一つ目は機能的なかみ合わせ(個…

  3. 良いクリニックの選び方

    歯列矯正治療終了後の患者さんのアンケート2

    ブログのみなさまこんにちは。プロ矯正歯科院長田中憲男です。先日…

  4. 良いクリニックの選び方

    【矯正歯科の選び方】歯科用CTを導入すると治療成績が向上する?

    みなさまあけましておめでとうございます。東京のプロ矯正歯科院長 田…

  5. 良いクリニックの選び方

    良い矯正歯科医院の見分け方、ポイントはたった3つだけ!

    みなさまおはようございます。東京のプロ矯正歯科院長 田中憲男です。…

  6. 良いクリニックの選び方

    患者さんからの紹介は良いクリニックの条件の一つです

    ブログ読者のみなさまこんばんは本日は、来月発表予定の学会原稿を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 抜歯矯正が知りたい

    【抜歯矯正治療】治療計画を立てる上で前歯を抜歯する症例とは?
  2. 子どもの矯正が知りたい

    【医師が教える】小児矯正を行う時期と注意することとは?
  3. その他

    出っ歯の矯正、1年経過した後の状況を画像でみると
  4. 子どもの矯正が知りたい

    治療方法の限定は損、床矯正装置とマウスピース矯正の限界は?
  5. 目立たない矯正を知りたい

    【裏側矯正治療】外科矯正治療を手術せずに裏側矯正治療にした症例
PAGE TOP